沖縄の三線を扱う専門店。京都・滋賀・大阪など関西一円よりお越しいただけます。


お問い合せ
waoya34@waoya.jp



初めての三線で選ぶ


入魂の三線で選ぶ


至高の秀作


名工の秀作


棹の材で選ぶ


棹の型で選ぶ


予算で選ぶ


弦やバチなど


三線以外の琉球楽器

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

名工の秀作 職人親泊宗康
至宝の三線 > 親泊宗康

丁寧に楔を一本一本丁寧に打ち込む皮張りの第一人者

三線の世界の名工と称される職人たち

親泊宗康

親泊 宗康(おやどまり そうこう)1936年8月8日生まれ。
寄宮にて「三味線乃店 親泊宗康」を営む。
職人歴60年を超える。店舗兼作業所を構える。塗りを除き全行程自社で作業。
沖縄三線界では、皮張りの第一人者である。氏は決してジャッキを使わず、昔ながらの楔(くさび)を一本一本丁寧に打ち込み、時間と手間を惜しまずにゆっくりと皮を伸ばす工法を用いられる事で有名。沖縄でも、この手法を用いられる職人は数名しか残っていないと言う。
丁寧な作業を行うのは皮張りだけではない。氏の製作する棹も非常に丁寧で美しい。
一見、取っ付きにくそうな雰囲気を持っているが、話してみると色々と教えてくれる気の良いおじーだ。ほとんどの型は製作可能である。親泊宗雄氏
現在、二代目として宗雄(むねお)氏が手伝いをしている。宗雄氏は1967年3月5日生まれ。棹の直し、修理、張りの工程の補佐を務めていたが最近では親泊の看板に恥じない棹製作や父親譲りの素晴らしい皮張り作業をこなす。

(右の写真は二代目 親泊宗雄氏)
親泊宗氏のお店「三味線乃店 親泊宗康」 親泊宗氏のお店「三味線乃店 親泊宗康」 親泊宗氏のお店「三味線乃店 親泊宗康」

和於屋ではこの職人にお客様好みの三線のオーダーもできますお問い合わせ・お見積りは無料です

1. まずはお客様のご要望をメールにて当店までお知らせください。
2. 当店より概算のお見積りをお客様にメールにてお知らせいたします。
3. お客様のご納得いただくまで、お電話やメールにてお打ち合わせをさせていただきます。
4. 詳細が決定次第、職人に製作依頼をいたします。
※ 製作着手前のご相談段階であれば、キャンセルしていただけますのでご安心ください。

メールには以下の項目をご記入下さい。
・ご予算 (必ずご記入下さい) ・製作する材(空白でも結構です)
・製作する型(空白でも結構です) ・依頼する職人名(空白でも結構です)

三線ご要望メールはこちら


電話0774-39-8634職人暦50年以上 名工中の名工たち
親泊宗康
親泊宗康
この名工の情報を見る

ページの先頭へ戻る


トップページ
| 最大5年の長期保証 | 入魂の三線とは? | 初めての三線 | 入魂の三線 | 名工の秀作 | 至宝の秀作 |
| 棹の材について |棹の材で選ぶ | 棹の型で選ぶ | 価格帯で選ぶ | ご希望の三線探します | 三線の知識箱 | 棹の『型』で変わる音
| 棹の『材』で変わる音 | 皮張りの種類と特製 | お客様の声 | よくいただくご質問| 仲宗根充氏からメッセージ | 三線教室
| ウッド三線組立て教室| 銘苅春政の三線|三線用ケース | 三線用バチ | 三線用胴巻き | カラクイ(糸巻き) | 小物・雑貨 | 名工の胴
| 三線スタンド | 琉球楽器| 会員のご登録 | ご利用案内 | ご注文の流れ | 店舗のご案内 | リンク| サイトマップ

Copyright © 2005 - 2017 沖縄三線 和於屋 All rights reserved.


沖縄三線 和於屋
〒520-0241 滋賀県大津市今堅田2-24-6 105号
TEL: 050-7126-5584
mail:waoya34@waoya.jp