沖縄の三線を扱う専門店。京都・滋賀・大阪など関西一円よりお越しいただけます。


お問い合せ
waoya34@waoya.jp



初めての三線で選ぶ


入魂の三線で選ぶ


至高の秀作


名工の秀作


棹の材で選ぶ


棹の型で選ぶ


予算で選ぶ


弦やバチなど


三線以外の琉球楽器

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

「入魂の三線」とは?

美しい三線とは、いったい何であろう?
三線の棹は天より優美なカーブを描く、やがて直線を経て、
そこから胴へ繋がる鳩胸のラインへと続く。

三線の天 三線の棹 三線の鳩胸

 

不思議な物で、棹だけを見ると非常に女性らしい曲線を描いて いるのであるが、胴を差し込むとなぜか男性らしくなる。男と女 を表現している様にも思える。

考えてみれば、弦も太い方から男弦(ウージル)、中弦(ナカジル)、女弦(ミージル)と呼ぶ。そして何よりもその音は素朴である。時には迫力のある音を奏で、時には細い静かな余韻を残す。これらは、まさに自然そのものの音であると思う。
きっと三線には、男や女や人や動物や鳥や自然や、その他たくさんの沖縄が凝縮されているのであろう。

いわば沖縄の「魂」そのものを注ぎ込んだ、沖縄の分身が三線なのであろう。
だから良い三線を見ると、型も音もバランスが取れ、大変美しいのである。

和於屋三線「入魂の三線」シリーズは、沖縄の職人達が「魂」を注ぎ込んで作られた三線をリリースしている。このシリーズを取り扱う職人は、職人歴数十年の職人達であり「沖縄の魂」を背負い、それを三線に注ぎ込む。

入魂の三線シリーズ

ページの先頭へ戻る


トップページ
| 最大5年の長期保証 | 入魂の三線とは? | 初めての三線 | 入魂の三線 | 名工の秀作 | 至宝の秀作 |
| 棹の材について |棹の材で選ぶ | 棹の型で選ぶ | 価格帯で選ぶ | ご希望の三線探します | 三線の知識箱 | 棹の『型』で変わる音
| 棹の『材』で変わる音 | 皮張りの種類と特製 | お客様の声 | よくいただくご質問| 仲宗根充氏からメッセージ | 三線教室
| ウッド三線組立て教室| 銘苅春政の三線|三線用ケース | 三線用バチ | 三線用胴巻き | カラクイ(糸巻き) | 小物・雑貨 | 名工の胴
| 三線スタンド | 琉球楽器| 会員のご登録 | ご利用案内 | ご注文の流れ | 店舗のご案内 | リンク| サイトマップ

Copyright © 2005 - 2017 沖縄三線 和於屋 All rights reserved.


沖縄三線 和於屋
〒520-0241 滋賀県大津市今堅田2-24-6 105号
TEL: 050-7126-5584
mail:waoya34@waoya.jp